設立に関する窓口

一般社団法人の設立に関する窓口について

設立に関する窓口一般社団法人は非営利活動を行う団体が法人化を行うための選択肢として知られています。最も有名な非営利活動を行う法人としてはNPO法人が知られていますが、この法人格の取得には非常に厳しい審査が行われるのと同時に満たさなければならない用件が非常に細かく定義されています。そのためどのような団体でも気軽に申請することが出来る様な種類のものではないのです。非営利活動にも様々な種類がりますが、どのような活動をしていたとしても気軽に法人化を目指すことが出来る選択肢として一般社団法人が知られるようになったのは比較的最近のことであると言えるでしょう。従来は非営利活動を目的とした団体が法人格を取得すると言うことは難しいことであったと言えるのです。

そんな一般社団法人の設立の窓口は各地域に置かれている法務局です。法務局には登記簿と呼ばれる法人を管理する仕組みが存在しており、登記簿に団体の情報を載せることが法人登記、すなわち法人設立を行うことを意味しています。そのため一般社団法人を設立しようとする場合にはこの法務局の窓口に必要書類一式を揃えて提出するという流れが求められます。この手続きは基本的に書類上のものであり、必要なものを添えて提出する必要があるものであると言えます。この手続きはごく一般的な事業を行っている企業を設立する仕組みとほぼ同じものであり、株式会社を設立しようとする場合とほぼ同じ手順であると言えます。

複雑で面倒な書類作成ではありますが、自分で調べながら作成することも不可能ではないくらいの難易度になってはいます。しかし貴重な時間を有効活用するためには司法書士などの専門家に開設手続きを委託して対応する方が賢い方法であると言えるでしょう。
一般社団法人の設立要件は他の非営利団体向けの法人格に比べると緩やかであると言えます。理由は二つあり、一つは作ろうとしている団体の活動内容や目的に制限が無いというものです。勿論反社会的なものは認められませんが、NPO法人の様に法に定められているということはありません。もう一つが構成する社員数に関する条件です。

NPO法人の場合には常時一定の割合で社員を置かなくてはならないという決まりがありますが、一般社団法人の場合には最初の段階で2名の社員がいれば良いとされています。そのため事業規模が小さく小規模な活動を行う団体でも法人化が可能になるという特徴を持つことになりました。

Copyright© NPO法人設立に必要な定款とは