メリットと補助金

一般社団法人設立のメリットや補助金について

メリットと補助金一般社団法人というのは、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」に基づいて設立された人が集まった団体のことで、一般社団法人を設立することで、個人で活動するよりも様々な点でメリットが得られます。

一般社団法人は非営利団体になりますが、これは別に利益を出してはいけない団体ということではありません。株式会社のように収益事業などを行うこともできます。ただ、株式会社と異なるのはそんな事業で得られた収益を、出資者に配当することができないということになります。

配当目的で資金を集めることは出来ませんが、事業は公益目的に制限されず、比較的自由に活動することができる団体です。
そんな一般社団法人を設立するメリットとしては、まず法人格を持つことで、法人名義を使用し団体の所有財産などを管理しやすくできるという点があります。銀行口座、事務所の賃貸、財産の所有や公共料金の支払いなど、法人格がない場合、個人の責任で管理しなければならないリスクが生じますが、法人格であればその団体で管理することができますので、管理もしやすくリスクも軽減されます。

また人材募集や寄付金集めに有利に働くメリットもあります。法人の方が個人よりも得られる信頼が大きくなるからです。
更に補助金・助成金を申請することもできますし、その場合も個人よりも活動内容が広範にわたる可能性が高く、申請が受理される可能性も増します。
因みに補助金や助成金は主に政府が行うものと民間が行っているものに分かれます。主に補助金の管轄は経済産業省で、助成金は、一般的に厚生労働省の管轄になります。また、民間や地方自治体で公募しているものも多々あります。

補助金はお金を出してくれる助成団体の目的などに即していないと貰えません。また、その助成目的に合致していたとしても、倍率が高いため必ずしも助成してもらえるとも限りません。

補助金の申請などを行う場合は、まず一般社団法人の活動の内容とその助成団体の目的を精査して、きちんと合致するものに申請することと、申請時には活動内容をアピールできるように意識することが大事になります。
ネットでは支援してくれる助成団体の一覧などを用意しているサイトも多々ありますし、申請に関してコンサルティングしてくれる会社もたくさんありますので、そちらを利用するのも良いかもしれません。

一般社団法人は普通の株式会社と違い利益の分配はできません。そのため資金を募るのに若干の制限がありますが、その活動内容によっては寄付金や助成金をなどを充てることも可能です。そう考えれば、出資者に経営を左右されないメリットを享受することもできます。

Copyright© NPO法人設立に必要な定款とは